水道やお風呂など家の設備として重要な部分を整備する

お風呂を変える

お風呂のリフォームについて

お風呂のリフォームは、新築後15年〜25年くらいで行う場合が多いと思います。 タイルにひび割れが見受けられたり、劣化がひどくなってきたら早めにリフォームすることをおすすめします。 工事内容は、タイルなどの在来の風呂からシステムバスなどの断熱性やお手入れ性、美観に優れたものへのリフォームとなります。タイルの風呂に比べカビなども生えにくく手入れはとても簡単です。また浴槽の保温性や節水、転倒防止などの安全性も格段に向上します。 風呂リフォームの価格ですが、工事費と本体含めておおよそ70万円〜150万円が相場だと思います。工事期間は約1週間程度になることが多いです。 リフォーム会社はたくさんありますので、価格やサービス面、アフターメンテナンスが充実しているかどうかトータル的に判断して依頼するとよいでしょう。

お風呂のリフォームの種類

お風呂のリフォームと聞くと、なんだか大掛かりな工事が必要で、費用も随分かかりそうといったイメージを抱かれる人が多いと思います。 1日の疲れやストレスを癒してくれ、なおかつ毎日使うものだから、快適な場所であって欲しいというのは、家族全員の願いでしょう。 最近では低コスト&短期間で施工してくれるリフォーム会社も増えています。 主にお風呂のリフォームには二種類あります。 ひとつは「在来工法」です。このリフォームでは、自分の好みの材料で風呂、浴室を作れるというメリットがあります。湯船をヒノキ、内装を石張といったように、オリジナルの癒し空間を求める人にはおすすめです。 もうひとつは、ユニットバスです。こちらはお風呂のリフォームの定番と言えるでしょう。防水性の高さ、ユニットと壁に空気の層が出来るので断熱性も高くなります。

↑ PAGE TOP